尿道開発・尿道拡張とはそもそも何なのか? | SM出会い斡旋所 | SMパートナーを探せ!

尿道開発・尿道拡張とはそもそも何なのか?

人の性的快楽に対する探求心というものは、古来からまったく変わることなく盛んなものである。
現に一昔前は変態だけが行うプレイとされていたフェラチオやアナルセックスさえも、今現在では若者の多くが普通に楽しんでいるとのことである。

そんな時代がやって来たなら、もう探求できるエロスなどないのだろうか?と考えてしまうだろうが、実はそんなことはない。
つい数年前からにわかに注目度が増し続け、今では愛好者が多くなった性的娯楽、自慰行為の一つに、尿道拡張なるものが現れている。

この尿道拡張とは何かといえば、アナル拡張と同様に、単に尿道を拡張する行為を意味する。
前立腺が奥に存在し、独特な刺激を楽しめるという意味でアナル開発の意図が理解できるとしても、尿道なんてなぜ拡張しなければならないのだと思う人は多いだろう。

しかし尿道というものが、ちょうど性器の中身を通り抜け、前立腺の内側や膣の傍まで刺激を与えるための最適な通り道だと気づいたら、尿道拡張など無意味とは言い切れなくなるだろう。
つまるところ、実際に尿道拡張を行っている人たちは、たとえば尿道に異物挿入を行うことで尿道内を刺激し、射精や潮吹きと同等以上の快楽を味わっているのである。

尿道拡張

さらにより奥まで尿道開発を行えば、特に男性は前立腺を内部からより強力な力で刺激できるので、味わう快楽はより一層大きく強いものになるというわけである。
ペニスの亀頭、鈴口からカテーテルを挿入したり、クリトリスの傍にある尿道に綿棒を挿入するような行為は、素人が見れば怖い印象しか受けないだろうと思う。

ただ実際にそういった拡張、開発行為を行っているものにとっては、尿道に対する拷問のような責めは、それ相応に強い快楽を与えてくれる魅力的な行為に映るのである。
ただの性器は性器である以上、それに備わった尿道という器官も、単なる排泄機関であるという認識から逃れてしまえば、立派な性感帯であるということに気づくことができる。

単なる変態の自虐行為などではなく、尿道開発・尿道拡張とは、尿道にさまざまな刺激を与えて性的快楽を得る行為なのだ。
まずはそういった、尿道を弄ることは実はそれほど異常なことでもない、という認識をぜひ身に着けて頂きたいと思う。

尿道を開発・拡張するためのアイテムまとめ

タグ:

便器扱いしてほしいです…

  • 福島県
  • トイレ女
  • 25才
  • アナル放尿

男性に物扱いされて便器として使ってもらうことに生き甲斐を感じています アナル放尿とか緊縛みたいなハードSMで調教してほしいです ご主人様が居ないと落ち着かないのでできるだけ早く会ってほしいです おねがいします

詳細確認

この記事を読んだ人は こちらの記事も読んでいます

SM 出会い系サイト分析

麻縄夫人

人妻を寝取り旦那の知らない秘密の調教を施す。またはあえて体に痕がつくようなSMプレイで旦那のジェラシーを煽る。人妻専門出会い系降臨。

このサイトで人気のプレイ

  • 人妻
  • ハードSM
  • アナルセックス
  • レンタル人妻
  • メール調教
  • アナル拡張
  • 貴婦人
麻縄夫人の分析記事チェック

倒錯病院 SM診療室

変態プレイの中でもひときわハードなプレイにも発展する医療プレイ。 そんなハードSMに魅入られた真のマニアたちの集うSNSだ。

このサイトで人気のプレイ

  • お医者さんごっこ
  • 医療プレイ
  • 浣腸
  • アナル拡張
  • カテーテル
  • 針プレイ
  • TATOO
  • インプラント
  • 人体改造
  • 去勢
SM診療室の分析記事チェック

管理人紹介

管理人 SM界のゴッドファーザー京極鎖介です。
開設してから早何年、今やネットSM業界屈指の預言者として評価されている当管理人は、今でも元気にSM出会いのすべてを伝授し続けております。
真の意味で役立つ最高品質のSM情報を、あなた方愚民共にたくさん届けていきたい所存である!
イヤッホウ!
Because we are your friends, you'll never be alone again

サブ管理人紹介

M男 管理人 京極くんの友だちでM男界の三遊亭好楽こと猛(たけし)と申します。
管理人さんと違って天性のマゾ男である私は、専ら女王様痴女様との出会いを求めてM男募集サイトに登録し(性的に)頑張っております。
SMクラブだとお財布事情が気になりますが、SM出会いサイトなら私ごとき喪男でも女王様と遊んでいただけるのです。
M男情報はM豚こと私が配信いたします。
I don't needs queen, Queen needs me

【猛のマゾ部屋】