女装M男が肉便器になってオスマンコを献上

女装M男

私はすでに四十歳を越えたオヤジなのですが、最近になって女装趣味を持つサラリーマンになってしまいました。それもこれも私が抱える暴力的なまでの性欲によるものですが、性癖ゆえにやむを得ないことではありますが、正直世間に後ろめたさのようなものを感じていました。

しかし、今では実は女王様に肉便器扱いされ続け、オスマンコをペニスバンドで凌辱し続けてもらう日々を過ごすことで、すっかり自信を取り戻しました。
ハッキリ言ってしまえば熟年女装だろうと変態性癖だろうと、SMサイトの女王様にすべてを打ち明けて身体をお任せすれば、すべての性欲と悩みと情熱を受け止めてくれるのです。

女装M男が肉便器になってオスマンコを献上の続きを読む

タグ:

熟練顔舐め士のM男は最高のクンニパートナー

クンニパートナー

日本国内では現在、数多くの女王様がリアルタイムに活動を続けています。
とりわけSMに特化した専門サイトでは女王様との出会いが多いことはすでによく知られています。

ゆえにSM主従関係を築いている男女はすでに世の中にかなりの数存在し、長年マゾ男としての人生にどっぷり漬かっている人も多いのです。
そんな熟練のマゾ男の一人であると自負する私は、これまで数多くの女王様に専属クンニパートナーとして認められてきた男です。

熟練顔舐め士のM男は最高のクンニパートナーの続きを読む

タグ:

マゾ犬クリトリス拷問によるマゾ化計画

クリキャップ

いわゆる真症マゾと呼ばれるような変態女はSM専門サイトによく居るものだ。
彼女たちは同意の上であれば過激な調教にも耐え得る存在であり、たとえばクリトリス拷問と呼ばれるハードSMを行えばそれ相応の調教効果が期待できる。

クリトリスを責める場合は舌や手を使うのが手っ取り早いが、専用の吸引器を用いればより簡単に調教を進めることができる。
吸引器によって陰核が肥大すると、女の性感は基本的な感度が急激に上昇し、マゾ女と呼ぶに相応しい状態にまで変化することが可能である。

マゾ犬クリトリス拷問によるマゾ化計画の続きを読む

タグ:

40代M男のスパンキングプレイと生足コキ体験談

スパンキング

歳をとればとるほどに男というのは叱れられる機会が少なくなるものです。 特に女性とは妻と夫という深い関係にならない限りは、冗談でも叱られたりはしないでしょう。

ゆえに40代にでもなれば、男にとって女に責められる、言葉責めされるということはそれだけで新鮮です。 そんな新鮮な刺激に飢えていた私は、今現在、一人の女王様に叱られ罵られ蔑まれる日々を過ごしています。

40代M男のスパンキングプレイと生足コキ体験談の続きを読む

タグ:

1 / 3123